2012年4月 2日 (月)

筑波山下見

通行止めが解除されたらしいという噂を聞きつけ、筑波山にタイヤの皮剥きがてら下見に行って来ました。うねうねが3箇所追加ですが、アカギの南面みたいにコーナーの直前ってことも無いので、直線で飛ばさない僕にはほぼ影響無いですね。
子授け→朝日峠の増設順
120402旧料金所(?)のストレート



120402_1右手に比較的広い待避所があるストレート


120402_2こんな感じのところ



スマホで動画撮影したものからキャプチャしましたが、思いの外綺麗に撮れていてびっくりです。
ただHDサイズで約8分で600MBとかめっちゃ容量食います。フルHDサイズで録らなくてよかった。
朝日峠Pは閉まっていたので子授け地蔵Pに戻り、フランス車な方々としばらくお話をして下山。
そうそう、ピレリタイヤは僕のビビリミッターの範疇なら破綻することもなくていい感じでした。
120402_3 モーターランドに寄って車検証をもらって、完全に車検の完了です。
あと2年…かっこ良くて、安いホットハッチが出てくれないかなぁ。
120402_4モーターランドでは何やらこんな椅子を大了に入手したらしいです。


120402_5 ということで机も出してお外でコーヒー(photo by モタランさん)
まだ日が陰ると寒いですね。花粉も飛んでいるし、この椅子が活躍するのはもうちょっとしてからか?
いつものHDDに先日の111cupの写真を入れましたので、適当に回収して行ってください。
120402_7 また、オンラインアルバムにもアップしてあります。
今回は縦撮りにしました。9:16にトリミングしていますので、今時の携帯の待ち受けにでもしてやってください。




エリのバッテリーの充電用に煙さんも使用しているっていうCTEK US3300を購入しました。
一応サルフェーションも除去するって代物で、モードボタンを押して車のマークに合わせるだけの簡単操作。
先月のオフ会以来動かしていないので、3週間放置したところですが、充電完了するまで半日以上かかりました。
…すでにバッテリーが死んでいるのかも(汗)
充電器があるからいいやってかたくなにバッテリーカットスイッチを取り付けませんでしたが、やっぱりつけたほうがいいのかもなぁ。
そこまでやるならドライバッテリーにしちゃっても…これはモディファイじゃないんだよ。メンテナンスだから必要経費なんだよ(笑)

今日のおまけ
120402_6 めっちゃ潰れているキャンディー嬢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

初カート

0809231後輩に誘われて、初めてカートに行ってきました。
カートをなめておりました。体中痛いです。明日は筋肉痛も追加されるんだろうなぁ。
ハンドル重い、乗り心地悪い、FRPむき出しのシート硬い等々。
でも面白かったからまた今度行ってきます。

08092320809233 コンパクトカメラだけど、とりあえず流し撮り。
子供が乗っているとおもちゃみたい。


それはそうとようやくニコンから新レンズが発表されましたけど、50mmF1.4G一本だけ。
う~んどうしようっかなぁ。AF-Sと円形絞りが魅力的。
でも手持ちの単焦点は、ほとんど使ってない(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

コルトDEドライブ

080706 土曜の夜にちょっと赤城まで星を撮りに行ってきましたが、曇ってるはガスってるは、自販機は明るいはで、全然ダメでした。何とか晴れ間があったのは北天。南東のあたりで晴れてくれないと天の川が見えないのに・・・

それはそうと、久々に赤城の南面を走りましたけど、やっぱりコルトだと足回りがねぇ。
サスを変えるとなると、この手の車用だとベタベタに下がるものしかないだろうから、ショックだけでもこっそりと変えちゃおうかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

衣替え

080315 頼むだけ頼んでおいて、しばらく放置していたコルトの夏タイヤを交換しに行ってきました。
今回はブリジストンのスニーカーです。
暴走エリエクについていくためにもスポーティーな奴の方がいいのですが、高いので却下です。所詮は足車よ。

グリップはわかりませんけど、乗り出しがかなり軽くなりました。

さて、明日はトッポのスタッドレスも交換しないと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

エアータッチ

昨日家に帰ると、「明日暇?」といういや~質問が。
070818 これを直せとの指示でした。
道具は買ってあるからとのことでしたが、塗料がマツダ用ですけど???
仕方がないから近くのカー用品店に行きましたが、三菱の赤って置いていないのね。
070818_2 とりあえずマスキング。
人が蚊に食われながら作業しているっているっていうのに、家の中からは楽しそうにWiiで遊んでいる声が…
世のパパさんはこんな感じなんだろうか?
070818_3 ぼかし材使ってもマスキングした跡がくっきりと。透明な所とが本当にかかっちゃまずいところ以外はマスキングしない方がいいかも。
色さえ合っていれば。
今度塗料を仕入れて再挑戦するか。

070818_4 大変残念なお知らせですが、明日がオフ会だというのにモタランさんが洗車をしてました(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

観音山ファミリーパーク

060716_1 今日はお久しぶりな方の参加表明がありましたので、カプチの群馬オフに顔を出しにいってきました。
お久しぶりな方のほかはあまり知らない人ばかり。常連さんがいなかったのもありますけど、もうそろそろカプチOFFも潮時ですかねぇ。
060716_2 ちなみにお昼前だと言うのにこんなにガラガラ。
雨と言うのもありますけど…集まるだけならまぁいいかもしれない。
060716_3 観音山に行く途中のスーパーオートバックスでステアリングを購入。赤いステッチがレーシー(笑)。これが観音山に行くことにした理由の半分だったりするのはカプチ乗りの皆さんには内緒(笑)。
ホーンボタンの取付に苦労しました。ファストン端子をつける余裕もないので、端子をまげて直接触れさせたり、爪を切り落としたり。ちゃんとボタンがついてホーンがなるので結果オーライです。
060716 スーパーオートバックスでは偶然トミーさんとお会いしました。入院と書き込みがありましたが、オイル交換だったと言うことで(もう1000kmですって)安心しました。
私信:D型を除き、あれしかφ320がなかったなんてバラしちゃ駄目ですよ。

取付の時にはあまり気になりませんでしたが、家についてステアリングを外してみたら、重い?
ビンさんから譲ってもらったステアリングと比べてみたら、かなり重いようです。
φ300とφ320の差…よりもあるよなぁ。
かといってカーボンのステアリングなんて買えるわけもなく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

流体解析(?)

なんとなくネットをあさっていたらフリーの流体解析ソフトがあったので、なんちゃってエリーゼを描いてみました。
使い方&解釈の仕方がいまいち分からないけど、とりあえず2次元で、理想流体の解析らしい。
Flow1こちら流速の分布図。左から右に流れている・・・はず。
とりあえずディフューザーの効果としては車体下部の流速を上げる効果があるらしい。
屋根の上がやけに流速が速いんだけど、フロントウィンドウで押しのけた分が全て屋根の上の流速を上げるのに貢献している?天井が低くてベンチュリー効果の影響?
Flow2こちらはベクトル図。
ちなみにディフューザーは流速を上げることより、流れの向きを変えることに意味があるとの噂も。

もう少しいじってみますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

saclam訪問

今日は予定もないので旧花園に引越ししたsaclamに行ってきました。
Sakura とりあえず前日に地図は確認したものの、案の定道に迷いました。
ここ曲がるんだろうなぁと思いつつ、普通に直進(笑)。
おかげで見つけたお花見ポイント(?)
左はお墓なんだけどなぁ。
Sakura2右側一本下の道からだと、桜と菜の花と枝垂桜(?)と3拍子そろっています。
なかなかいい場所だったんだけど、天気が悪かったのが悔やまれます。


Saclam そしてようやく到着したsaclam。
ここでも一度通り過ぎたのはここだけの秘密。
いや、だってシャッターも閉まってるし、何にも看板が出てないんですよ。強いて言えばB5サイズの社員募集の張り紙だけなんだもん。(写真の看板はあとから引っ張り出してもらいました)
アポ無しで突然押しかけたにもかかわらず、いろいろとお話をを聞かせていただきました。
やっぱりエアクリはちゃんと造らないと駄目みたいですね。いっそ買ってしまおうかとも思っちゃうけど・・・やっぱり高いです。ごめんなさい。
Fannel_1 そんなこんなで、お土産にダクトとファンネルをもらっちゃいました。
ファンネルには謎のメモリ線付。何かの試作で使ったものかな?

ということで、次回DIYはエアクリボックスに決定。
教えてもらったことを忘れないうちに取り掛かりたいけど、いったいいつになることやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

ラジエータ考察

エリーゼ乗りならいずれ交換することになるラジエータ。
この前のOFF会でもちょっと話しが出たのでいろいろ調べてみました。

大別してアルミ製と真鍮(銅)製ですね。一般的に言われている特徴は
アルミ…軽い・熱伝導率が良いので冷却効率が高い・お値段も高い(笑)
真鍮(銅)・・・重い・絶対性能は高くないが、停車中の放熱性は高い・安い
ってところですね。

ということでこれからは物理データの列挙になります。
密度ρ〔kg/m3〕 温度T=300K(ケルビンね)
純アルミ/純銅/真鍮(7/3黄銅)の順で
2688/8880/8530
言われているようにアルミが銅の1/3程度ですね。ご丁寧に重さまで記載しているところによると、実際には強度やらなんやらの関係で1/2程度の重さのようです。

熱伝導率λ〔W/mk〕 温度T=300K
237/398/121
最初に太線で強調しておきましたが、「真鍮(銅の合金)なので熱伝導率が良い」なんて記述をよく見ましたけど、明らかに銅≠真鍮です。これはJAR○に訴えたいぐらいですね(笑)
ついでに言うとアルミも混ざり物があるのでもうちょっと低いはずですが、何使っているか分からないので省略。
ここで、PCのケースの話ですがここをみてもらいますと、内側壁面熱伝達率はラジエータ液になるのでもうちょっと値が良くなるのですが、いずれにしろ材料の熱伝導率は空気の熱伝達率が悪すぎて放熱にはほとんど影響を与えないみたいです。
走行中またはファンが回ると強制空冷になるので空気の熱伝達率が10~600になるので、600を適用すれば1.5倍程度アルミのほうが放熱が良くなります。

え~、これじゃ渋滞中に真鍮が良いということにならないじゃん。ということで、次の物性値は比熱c〔kJ/kgK〕 温度T=300K
0.905/0.386/0.396
先ほどの重量の話とあわせると、同じ熱量があるとアルミが1割ほど温度上昇が低くなりますけど、水量に比べてかなり少ないだろうから関係ないでしょう。ごめんなさい。わざと遠回りをしてます。

全ふく射率ε
普通研磨面にて。ただし真鍮は高度研磨面(四六黄銅)です。
0.040/0.052/0.033~0.037
ほぼ同じですのでこれも関係無しっと。
ふく射エネルギE(W)=全ふく射率×表面積(m^2)×5.67×10^-8×絶対温度^4
だと思う。
100℃(373K)だとして、E=44×表面積(W)
エリのラジエータの大きさはどんなもんだろうなぁ?0.6m×0.3m=0.18m^2(ふく射の計算なので向かい合わせのフィンは省略…で良いのか?)
表裏合わせても0.4m^2としても17.6W(…ちょっと少なすぎる?やっぱりフィンも考慮しなければだめなのか、ふく射なんてこんなものなのか。)
ここで出てくるのが塗料(黒ラッカー)の全ふく射率…0.80~0.93
アルミの約20倍だから、上の計算でも350Wぐらいですね。(それでも少ないんですけど。)
という訳で、ここをみてもらいますとドラゴンマ○ックはいんちき、検索すると他にも見つかりますが、塗装するだけで放熱性が上がることが分かります。ふく射率というよりは、表面状態による放熱効果みたいですけどね。

ということで材料の観点から僕の結論
真鍮の自己放熱性が高いのではなく、黒色塗装によるものによるものだと思われる。
つまり、アルミ製ラジエータに黒色塗装すれば完璧。
純正ですらアルミ製を採用する昨今では、(新)技術の面から見てもアルミのほうが無難なのではないかと思います。


ただ、見比べてみないと分からないけど、おそらくアルミの加工技術が上がって、同一体積で表面積を大きく出来る=フィンが細い&間隔が狭い=空気が流れないので自然空冷ではフィンの意味がない=停車中は放熱性が悪いという図式だと思います。

…つまり今までの考察は意味なし(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年12月31日 (土)

大晦日北関東お茶会(カプチ)

毎年恒例の北関東お茶会の大晦日オフに参加して来ました。
DSC_4897 DSC_4898 今回はヨウさんが初参加でした。なにやらタービン交換の洗脳試乗をしていましたが、楽しんでいただけたでしょうか?

それにしてもカプチはエアロも含めて改造率が高いなぁ。ここに来ると僕も何かしなきゃという気になる…

CIMG1935 ちなみに去年の大晦日オフはこんな感じでした。
カプチで来るなんて・・・
しかも夏タイヤ・チェーンなしで。(驚)

そんなこんなで今年一年も終わっちゃいました。
今年は車漬けの一年だったかな。
月に2回のエリーゼオフと月に1回のカプチオフで、休みはほとんど埋まっちゃうもんなぁ。
だからって他に用事は無いんだけど(笑)

来年はサーキットデビュー…はしないかも。
まずは写真でリベンジしないとなぁ。

それでは皆さんよいお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧